TOP > 新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン

新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン


アドベンチャー集団Do!主催事業に参加する皆様へ、コロナウイルス感染防止のためのガイドラインをお知らせいたします。ご参加の際は全項目に目を通していただき、感染防止にご理解とご協力をお願いいたします。


/修傾み
アドベンチャー集団Do!主催の自然体験事業にお申し込みいただいた皆様に、事務局からコロナウィルス感染症への対応や、協力していただきたいことなどのガイドラインをお手紙でお送りします。主催者としてるできうる限りの感染防止策を講じていますが、それでも感染のリスクは存在します。参加期間中、感染のリスクがあることをご了承いただいた上で、お申し込みくださるようお願いいたします。
⊇弦隋Σ鮖
送迎はアドベンチャー集団Do!のマイクロバスまたは大型ワゴン車で行います。車窓は少し開けて走行します。現地まで自家用車で送迎をしていただいても結構です。(電車・路線バスでは現地まで来ることができません)
※現地集合・解散のみの事業は、各ご家庭ごとに現地まで送迎をお願いいたします。
D螳・グループ分け
三密を避けるため、各回の定員を20名程度にします。現地では必要に応じてグループ分けを行います。
こ萋飴間
当面、日帰り活動のみになります。活動中は必要に応じて休憩と水分補給を行います。
ゼ損楙貊
榛名湖オートキャンプ場内で実施します。
子どもたちが体験活動を行う期間中は、オートキャンプ場は閉鎖しますので、一般の利用者との接触はありません。
活動は主に野外で行い、雨天の時は常時換気されたセンターハウス内で行います。
冬期については気温と天候の状況によって判断します。
食事
スタッフが中心になって、子どもたちと一緒にアウトドアクッキングを行います。食器はすべて使い捨てのものを使用します。食事中は向かい合わせにならないように座ります。
Д肇ぅ譟水道
トイレは常時換気し、清掃の際はドアの取っ手、個室の取っ手、水洗のハンドルなど直接手が触れる場所を消毒します。
また、トイレ内の手洗いには、手洗い用泡沫洗剤が常備してあります。
キャンプ場内の水道水は高崎市水道局の上水道設備から直送されており、塩素により滅菌処理がされています。
体調不良になった場合
参加中、体調不良になった場合はすぐにスタッフが確認し、必要に応じて「感染症対応マニュアル」に沿って対応を行い、申込書に記載された緊急連絡先にご連絡いたしますので、現地までお迎えをお願いいたします。
また、帰宅後に発熱・体調不良になった場合はお近くの「受診相談センター」等に連絡すると共に、当団体事務局にもご連絡ください。
※スタッフは、「乳児・小児・成人に対する救急救護」のライセンスを取得しています。
(メディックファーストエイドチャイルドケアプラス)
手洗いとマスクの着用について
参加中、トイレの後や食事の前後、プログラムの終了時などに、手洗いを実施します。
屋内外ともマスクの着用を奨励しますが、野外活動中で呼吸が苦しいときなどはマスクを外してもかまいません。
新型コロナウィルス感染症が拡大した場合
群馬県内で感染症の拡大が起きた場合は、情報収集と行政への問い合わせ等を行い、事業の実施が感染のリスクを伴うと判断した場合は、事業を中止することがあります。
この場合、申込書に記載された保護者連絡先にご連絡いたします。
スタッフの健康管理・衛生管理
スタッフは毎日の検温や手洗い・消毒をこまめにしています。また、マスクの着用、清掃時・施設点検時の使い捨て手袋の着用など、感染防止策を講じています。
※スタッフは「自然体験活動リスクマネージメントディレクター」の資格を所持しているほか、「自然体験活動安全管理者(リスクマネージャー) 」が常駐しています。
ご参加前に
ご参加前に体調・発熱の確認をお願いいたします。発熱・体調不良の場合は参加をお控えください。また、ご家族が濃厚接触者になった場合や、自宅待機になった場合も参加をお控えください。当日キャンセルでもキャンセル料はかかりません。
集合時の検温
現地に集合の際、お子さまの検温を行います。検温は非接触型体温計でスタッフが実施します。
感染症拡大地域からの参加
感染症が拡大している地域にお住まいの場合には、申し込み確定後であっても参加の辞退をお願いする場合があります。
TOP > 新型コロナウィルス感染症対応ガイドライン ▲このページのTOPへ